スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千載不磨の夜明け前

作詞:田久保真見
作曲・編曲:YUPA
歌:藤原泰衡(鳥海浩輔)
語り:銀(浜田賢二)


真白き鎧 纏うように
銀花を受ける 冬枯れの地平
永訣(さだめ)の朝を 待ちわびるか
飛簾(ひれん)を宿し 吹きすさぶ天

感情より理性こそ 尊きもの
それでも尚 百を捨てて一を守る

いざ 闘いとは勝つより他 道などはない
    厳風さえ従者として 瓢風を剣として
さあ 神だろうと魔であろうと 渡す気はない
    千載不磨となれ 跡形よ


…そして 我が主は
 風の彼方へと歩いてゆく…


泡沫人は ふいに倒れ
金(くがね)は主 失くすのだろう
飛んだ血潮は 書を描くか
閉じた瞼に 瑠璃色の空

嘆きなど憂いなど 愚かなもの
非情なまま 命賭けて一を守る

*いざ 闘いとは強さの他 意味などはない
     この鼓動を凱歌として この誇り盾として
 行け 神であろうと魔であろうと 譲りはしない
     千載不磨となれ 本懐よ


…見渡す限りの雪の地平に 不動の漆黒の一点。
天花さえも降り積もることを許さない その装束。
氷点下の空に挑む 孤高の黒き鷲。
我が主の行く道を 私も行きましょう。
この戦場の果てまで…

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。