スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議野の迷い子

不思議野の迷い子

作詞:田久保真見 作·編曲:津田考平
歌:彰紋(宮田幸季)源泉水(保志総一朗)

<彰紋>一面の金屏風よ 煌めく荻野原
美しき蜉蝣に問う
あなたのいる場所を

<泉水>鳥の舞楽に 笛の音を重ね
迎えに来た想い 伝えましょう

<二人>時空の惡戯 夢の惡戯
迷い子のあなた
もう恐れないで 手を擊いで微笑んで

不思議野に今
野分が吹けば 金色の道
あなたと共に 明日へ歩いてゆきましょう

<彰紋>秋風の筆が描く 紅葉という
この胸は切なく焦がれ
もみじよりも赤く

<泉水>籠を落ちた 花が足跡に
たどりながらあなた さがしましょう

<二人>時空の狹間で 夢の狹間で
迷い子のあなた
もう迷わないで 悲しみから羽ばたいて

絹雲の弦 雁の琴柱よ
秋麗の調べを
目を閉じ肩を並べて そっと聴きましょう

右手を守り 左手に沿い いつでもそばに
ああ誓いましょう 離れることなどないと

不思議野に今
野分が吹けば 金色の道
あなたと共に 明日へ歩いてゆきましょう
あなたと共に 遥かな時空を越えても

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。