スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輝きはダイヤモンド 

輝きはダイヤモンド 
詞:石川絵理
曲:山口朗彦
編曲:河合英嗣 
歌:月森蓮(谷山紀章)、土浦梁太郎(伊藤健太郎)、加地葵(宮野真守)


今日も君がそこにいるから 
例えようもない蒼空に
描いた輝きを追って 
走り出せる Winter Sky



朝陽をうけて煌めく 
Snowflake 冬のダイヤモンド
反射しては 君の瞳映してる


何かが始まる予感 
音色がウインクしている
今すぐに こころ開け放って


一人じゃないさ 顔を上げて
一緒にいれば 笑顔になれる
それぞれの想いを集めよう


君とふわりふわり粉雪 
降りつもるように過ごしてた
時間が未来へ変わってゆく


君がきらりきらりメロディー 
誰も見たこともない光
感じたらすべてが微笑む
追い駆けよう Winter Sky


昨日をの帰りの道で
約束した曲は早く聞かせたい
君に似合うはず


時計の針が片抜くの度
思い出の数増えていたら
それは明日への誓えのさ


君はかぜにかぜにふかって
シーズンの増して歩いてゆく
選べばそこに道はできる


君と何度も何度も奏でよ
答えは重なるあるの音に
誘われ姿を見せるよ 大丈夫さ


君とふわりふわり粉雪 
降りつもるように過ごしてた
時間が未来へ変わってゆく


君はめぐりめぐる季節を
振り返らずに歩いてゆく
正解は両手を広げて 
待ているよ Winter Sky

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。